六本木東京ミッドタウンで芸術を

07年最大の話題「六本木東京ミッドタウン〜国立新美術館」ウオッチング。「六本木ミッドタウンのコンセプトはライフスタイルミュージアム、黒川紀章設計の「国立新美術館」と合わせウオッチングします。

商業施設のコンセプトは(ライフスタイルミュージアム)、緑豊かな環境で「都心の上質な日常」を提供する。ターゲットは(ライフスタイルアーチスト)で、暮らし方、生き方に独自の感性を持っている人たちとのこと。商業は128店舗。「六本木ヒルズ」(03/4/25)の店舗数は210。店舗数は少ないが、専門店の中の核となる大型で個性的な新業態を配置し、高級感、ラグジュアリーといった雰囲気が漂う様だ。

「国立新美術館」(07/01/21)〜国内最大級展示スペース&波打つガラス壁デザイン〜
 更に美術、デザインにも注目、サントリー美術館が赤坂から六本木ミッドタウンに移転、近くには「国立新美術館」もオープンし、森美術館とあわせ、六本木がにわかに美術の街となる。

六本木ミッドタウンのタワー47階〜53階を占めるのは「ザ・リッツ・カールトン東京」顧客満足度が高い世界的ホテル。ポピュラーな部屋で、一泊7万円近くします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。